子供の頃から家でも学校でも歯医者さんでも「きちんと歯磨きをしてください」と言われてきて、それなりにやっているつもりでしたが、なぜか虫歯になって歯医者さんのお世話になることが多々ありました。

自分でも「隅々まできちんと磨けていないからだ」と思っていたのですが、最近になってそれってどうも違うような気がしてきて、ある実験をしています。

実験というのは歯磨きを1日1回朝だけにするというものです。

かれこれもう2年くらいそうしているでしょうか。ある程度の年齢になって誰からも歯を磨きなさいとは言われなくなったので、いわば自分の歯を使って実験をしてみようと思ったわけです。
結果的にみるとこの間に歯医者さんのお世話になったのは以前に詰めた部分が取れたために1度行ったきりで、実験を始めてから虫歯にはかかっていないという事になります。厳密に見れば歯の状態が悪くなっているのかもしれませんが、今のところ痛みもありません。

という事は歯磨きをそんなに多くしなくてもいいのではないかというのが今のところの結論です。

しかしながら、この実験をするにあたって、歯の磨き方を変えてみました。まず、歯磨き粉を使わない事です。

もちろん歯磨き粉を使えば香りすっきりで口の中もさわやかになる感じがしますが、どうもこの歯磨き粉を使うと口の中に歯ブラシが入っただけで、磨いた気分になって、きちんと磨けていないのではないかと思ったのです。

そこで、歯磨き粉を使わない状態で、口の中がスッキリするまできっちり磨くことを心掛けていると案外これがいい感じなのかもしれません。

歯磨き粉を使わないで口の中をすっきりさせるためには、これまでの歯磨きの時間よりもかなり長い時間歯を磨いていることになり、それがかえって隅々まで磨くことにつながっているのかもしれません。

磨いた後に舌で磨いた部分を確かめるのですが、歯磨き粉を使った状態だと基本的にどこを触っても歯磨き粉の味なので、実際に磨かれているのかどうか判別しにくいとも思うのです。

もちろん子供の頃の成長期の歯の状態と、大人になって成長が終わった段階での歯の状態では、強さというものは違ってくるとは思うので、子供の頃からこの方法だとたちまち虫歯になってしまうことも考えられますが、大人になった状態では今のところ実験は成功しています。

この実験はあくまで個人的なものなので、歯磨きの回数や歯磨き粉の使用の有無は実際には問題があるかもしれませんが、一番大切なのは、歯を磨いた気になるのではなく、本当にきちんと磨くことなのではないかと思います。

私は子供の頃から虫歯が多く、いつも歯科医院に通ってばかりでした。毎日一生懸命歯を磨いているのだけれども、学校の歯科検診では「虫歯があるので歯科医院へ行ってください」のレターを必ずもらう子供でした。今考えるとその時代は、虫歯がない子供のほうが珍しい事だったかもしれません。

そのまま大人になり、何年かに1度は歯痛に悩まされ、時には子供の頃に治療した歯のクラウンが取れたり、クラウンを付けているのにその下に膿ができたりと、歯についての悩みは未だに途切れることはありません。

そういう経験から、子供には絶対に歯のトラブルに悩まされる人生を送ってほしくないと思い、子供の歯をしっかり守ってあげようと様々な努力をしてきたつもりです。

子供の歯が生えだした頃は、たとえ数本でも歯ブラシをしてあげて、何か口に入れたくなる時期には歯ブラシを与えたりしていました。主人も私も口の中は虫歯菌だらけなので、離乳食の時期は「口移し」をやらないようにして、祖父母にも協力してもらいましたね。

赤ちゃんの頃はまだいいのですが、だんだん大きくなると時には大声で泣き叫んで、歯ブラシを嫌がる日もありました。それでも「歯ブラシは絶対に毎日やらなければいけないこと」だということを子供に覚えてほしくてやっていましたね。

子供が幼稚園生になってくると、自分で歯ブラシという行為はやれるようになりましたが、自分でやらせたあとは「仕上げ磨き」としてもう一度、私が磨いてあげていました。

だんだん乳歯も取れて永久歯に生え変わった後は、歯科医院でシーラントやフッ素を塗ってもらって、定期検診には欠かさず行くようにしていました。また小さい頃からあまりジュースは飲ませずに、のどが渇いたらなるべく麦茶を飲むように習慣づけていました。

その娘は現在20歳になり、虫歯は1本もありません。虫歯がないからと言って歯科医院には行かないわけでなく、定期検診もきちんと受けています。自分の歯は大事にするという意志はしっかりもっていると思います。子供が大人になってからも虫歯がないのは、私の努力が報われたのかもしれません。私にとって、子育てに関してちょっとだけ達成感を味わえている事です。

コンビニの数ほど歯科医院が存在しているという現代ですが、「痛くなれば歯科医院へ行けばいい」という考え方は捨てて、「子供の歯は親が守る」という意志を強く持ちたいものですね。歯は一度悪くなったり、失ってしまったりすると新しいものを手に入れることは絶対にできない物ですから。

突然ですが私には永久歯がありません。と言っても勿論全ての歯ではありません。

子供の頃に虫歯になり当時通っていた歯医者に行った時に先生から言われました。稀に生まれつき永久歯が生えて来ない歯があるという人が居るそうで、私自身も2本の歯が生えて来ないという事でした。

しかもその歯は左右の一番手前の奥歯で、頻繁に使用する歯でした。

確かに私自身は周りの友達よりも歯の生え替わりが遅いのは感じていましたが、まさか永久歯が生えて来ないとは思っていなかったので聞いた時にはショックでした。でも生えない物は仕方がありません。

先生から言われたのは、乳歯をそのまま永久歯として使用するしか無いという事でした。だから乳歯は一生物の歯だと思って大事にしなさいと言われました。

それから私は出来るだけその乳歯を大事にしようとケアを念入りにする事にしました。

食事後の歯磨きは欠かさずするし、歯の間に物が挟まった時には爪楊枝などを利用して取っていました。乳歯は永久歯よりも溶けやすく、しっかりケアをする必要があると聞いていたので、歯を磨く事を意識していました。

しかしどんなに歯磨きをしても虫歯になる時にはなってしまいます。

自分では磨けていたつもりでも全然磨けていなかったのか、歯磨きをする時間が短すぎたのか原因はわかりませんが、高校生になった時に虫歯になってしまいました。その虫歯になった歯というのは奇しくも永久歯が生えて来ないと言われた乳歯でした。

永久歯として使用をしなければいけなかった歯が虫歯になってしまい、どうしようも無くなりました。

虫歯の初期の頃に歯医者に行って適切な治療をしていれば少し削るくらいで済んだかもしれません。

しかし当時の私は時間も無いし、痛みもそんなに無かったのですぐに歯医者に行くという事をしませんでした。

いよいよ夜中に寝ている時にも痛みがするようになった段階でやっと歯医者に行きました。

結局診察を受けた段階で歯の神経まで虫歯に犯されていて、抜歯するか殆どを削るしかない状態まで進行していました。

治療としては歯の大部分を削って薬をつけ、銀のかぶせ物で塞ぐという方法になりました。

しかもその被せ物をするにも虫歯だった歯は殆ど面影がないため上から被せることが困難でした。

結局先生からの提案で、虫歯ではない隣の歯を少し削って、隣の歯で被せ物を支えるという形になりました。

今でもそこの歯は治療したとはっきりわかる、銀色の被せ物で埋まっています。

鏡で口を開けた自分を見る度、虫歯対策をもっとしっかりやるべきだった事、虫歯になった時点ですぐに対処すれば良かったと後悔しています。

でも後悔しても失った歯は戻ってきません。今はより丁寧なケアを心掛ける事で、残った健康な歯が虫歯にならないような努力を続けています。

1年ほど前、歯が突然痛くなって歯医者さんに歯をみてもらったところ、虫歯がかなりひどくなっていて、うみが非常に多くたまっていました。

そのうみを取り除くにも非常に時間がかかりました。それと同時にいろいろな処置をしましたが、本当に痛くて苦痛の連続で生きた心地がしませんでした。

治療中に口を動かすことができなかったので、痛くても痛いと意思表示できないところが一番つらかったです。虫歯の処置は本当に痛くてつらかったが、このようになったのは、長い期間歯磨きをおろそかにしていた自分にも責任があると思いました。

当然治療も数か月ほどかかりました。思い返してみれば、朝の1回だけしか歯を磨かない日も多かったです。

夕食を終えた後、後で歯を磨こうと思ってテレビやネットばかり夢中になって先延ばしばかりしていて、結局その日の夜は歯を磨かずに寝てしまう日も数多くありました。

それでも歯の痛みや異常を数十年間感じなかったので、虫歯にはならないものだと油断をしていました。

しかし、自覚症状を感じないまま、知らない間にどんどん虫歯が進行していたのです。おまけにその数十年間、歯医者に一度も通っておらず、定期健診さえ受けていませんでした。

歯に対する意識が非常に薄かったと思います。それほどまでに長い間放置していたことを考えると、本当に愚かなことをしたと思い、情けない気持ちでいっぱいになりました。

歯は食べる事だけでなく、体の健康などと密接な関係があります。

歯が悪ければ体の歪みが生じて肩こりや頭痛などの不快な症状をひきおこします。特に歯周病になると脳梗塞や糖尿病といった命の危険さえ伴う症状をひきおこすこともあります。

歯1本でもおかしくなると全てに狂いが生じます。「たかが1本、されど1本」です。歯1本でも非常に大切なのです。

この度は歯を抜くという最悪の事態は免れました。もしかすると歯を抜く一歩手前だったかもしれません。何がともあれ、今回の歯の治療をきっけに歯の磨き方をしっかりと教わりました。

そして歯みがきは食後に3回行うようにしました。とにかく食事を終えるとすぐ歯を磨くようにしています。

後回しにすると忘れたりおっくうになったりします。そして仕事の昼ご飯の後にも歯を磨く習慣を身に着けています。仕事に行くときも、歯ブラシと歯磨き粉は必ず持参しています。

あのような痛くて辛い治療は二度と経験したくありません。治療は痛くてつらいだけではなく、費用もかかります。

そのためには歯磨きをしっかり行って歯の健康に対する意識を高めることが肝心です。

そして、この歯の治療をきっかけに3か月おきに、歯石を取るようにすすめられました。

歯石を取ると同時に歯の状態をチェックしてもらっています。歯磨きを意識している成果が出て、「きれいに歯を磨けている」と歯医者さんからお褒めの言葉を頂きました。

治療にむだな時間やお金を使わないためにも、1日3回の歯磨きの習慣を常に守り通したいと思っています。

 

昔から歯医者が嫌いで、よっぽど痛くならないと行かないタイプでした。

ある日、虫歯のせいでか左下の1箇所に激痛が走り、嫌々歯医者に行きました。

予約なしだったので、1時間ほど待たされてその間、痛みが我慢出来ず、助手さんに氷を貸して貰い、氷で冷やさせて貰ってました。

なんとか順番が来て、状態を話して診察して貰うと、「詰めてた歯の中で膿んで痛みが出てるのかも知れない」と言われ、レントゲンを撮りした。お医者さんは「膿んでる様なので、詰めてた歯を取りますね」と詰めてた歯を取られました。やはりかなり膿んでた様でした。

膿を出し、薬を入れ、取り敢えず1週間後にと、飲む痛み止め(かなり強めの)と化膿止めを渡されました。

それから3日後には、又痛みが出てしまい、気付いたら左の頬がパンパンに腫れてとても人前に出れる状態ではありませんでした。

マスクをして慌ててすぐ歯医者へ駆け込みました。

この時はすぐ診てくれました。

「もう我慢出来ない痛みが酷いです」と訴えました。

先生は症状を診て困り果てていました。

すると、先生は席を立ち電話をし始めました。

戻って来た先生は「今、知り合いの内科に電話をして、点滴治療をしましょう」と言われ、先生の言われるがまま、先生の言われた内科へ行きました。

歯の治療で内科に行くのは初めてですし、聞いた事がありませんでした。

内科の先生は「かなり膿んでるみたいだね。

今から化膿止めと痛み止めの点滴打つからね」と言って点滴をしてくれました。

終わってからも若干痛みは引いたものの夜になると点滴が切れたのか激痛が走りました。

一向に良くならず、歯医者へ行っては内科へ行って点滴をしてもらう日々でした。

1週間程で、頬の腫れも引き始め、痛みもましになってきました。

徐々に点滴も減らし、2週間もかかって点滴から離れる事が出来ました。

何とか歯医者さんで貰った、化膿止めと痛み止めで膿の痛みは治りました。

それからやっと歯医者での治療です。

先生に「また、疲れとか色々な事で膿が溜まるかも知れませんが、穴を空けといてほっとくわけにはいかないので、もう一度詰めますね」と又詰めてくれました。それで一旦治療は終わりましたが先生は「また痛みが出たらすぐ来てください」と言ってくれました。約2ヶ月の闘いでした。

たかが歯、でもされど歯なんだと痛感しました。

有難い事に、歯医者さんの的確な予想外でしたが、判断は凄いと思いました。

小さい頃から通っていて、息子さんの代に変わり、昔は待たずにでも行けてた歯医者さんが今では予約でいっぱいです。

本当に納得の出来る優秀な歯医者さんだと思います。

これからは虫歯を見つけたら、ほっとかず悪化する前にに通う様にします。

正しいハミガキの仕方についてお伝えします。

 

まずハミガキをするタイミングですが、虫歯予防のためにはすぐにハミガキをして下さい。

 

そして知覚過敏予防のためには、15?30分程たってから、ハミガキして下さい。

 

すぐ磨いた方法がいいか少したってから磨いた方がいいかと聞くのは、そこの違いです。

 

自分に合ったタイミングでハミガキするようにするといいです。

 

歯磨き粉の量ですが、歯ブラシの毛先2束分ぐらいを目安にして下さい。

 

CMのようにたくさんつけると、研磨剤が入って歯が削れやすかったり、口の中にヨダレがたまりやすく長い時間磨く事ができません。

 

ペーストではなく、ジェルタイプの物でしたら、たくさんつけてもいいでしょう。

 

スッキリ感が欲しい場合は、少しの量で磨き、その後たくさんつけて行き渡らせたらすぐにゆすぐとスッキリします。

 

ハブラシの持ち方ですが、鉛筆を持つように軽く持つようにします。

 

握るように持つ方がいますが、力が入り過ぎてしまいがちなので、注意して下さい。

 

ハブラシを当てる位置ですが、歯と歯茎の間に当たるようにします。

 

歯と歯茎の間には、歯周ポケットというすき間があります。

 

そのすき間にハブラシの毛先が入るように少し角度をつけるといいです。

 

この歯周ポケットに汚れが溜まると、よく聞く歯周病の原因になります。

 

そしてできるだけ細かく横に動かしてください。

 

細かく動かす事によって、歯と歯の間のすき間にハブラシの毛先が入り磨く事ができます。

 

そしてできるだけ、優しい力で磨くよう意識して下さい。

 

強い力でゴシゴシ磨いても、ハブラシの毛先が曲がってしまい、汚れはうまくとれてません。

 

そして、ハブラシで歯茎を傷つける可能性もあります。

 

歯も削れてしまい、知覚過敏の原因になってしまう方もいます。

 

歯の裏も歯周ポケットにハブラシの毛先を入れるように意識して磨きます。

 

前歯の裏側はハブラシをタテにして磨くと磨きやすいです。

 

歯並びが悪い所なども、ハブラシをタテに使うと磨きやすいです。

 

自分が磨けているか不安な方は簡単なチェック方法があります。

 

ハミガキ後、自分の舌で歯を舐めてみてください。

 

磨けていない所は、ヌルヌルしていて、磨けている所はツルツルしてます。

 

ヌルヌルしてる所はもう1度ハミガキして下さい。

 

そして毎食後しっかり時間をかけて磨く必要はありません。

 

朝や昼はサッサと磨いても大丈夫です。

 

1日1回時間をかけて丁寧にハミガキするとキレイな歯を保つ事ができます。